アメリカ陸マイラー "お得チケット模索人" めいみるく

夫婦でANA上級会員(SFC)修行終了直後、ビジネスクラスへアップグレード体験☆ 現在はアメリカ在住で、クレジットカードで貯めたマイルを使ってJALファーストクラスの日本ーヨーロッパ往復搭乗予定♪ 夫婦で年間432,000マイルを貯めて日本ーアメリカをビジネスで年2回往復してます☆ マイルやお得チケット情報、時々これまでの旅行記も。

スポンサードリンク

【ANAプレエコ】国際線プレエコ座席指定は争奪戦!

f:id:akimeimilk:20170818044025j:plain

こんにちは、久々にエコノミーでアメリカー日本の片道をしてきた、めいみるくです。

私のようなドジを踏まないために、今日はANAのSFCなどステータスをお持ちの方にプレエコ座席指定の小話を🌟

 

プレエコ座席指定は争奪戦!

SFCやプラチナなど、ANAのステータスをお持ちの方ならご存知とは思いますが、上級会員でエコノミークラスを発券した場合、プレミアムエコノミークラスに自動的にアップグレードされます。

 

先日、急遽世界一周旅程を変更したためエコノミー片道発券したのです。

が、何を勘違いしたか私、プレエコアップグレードをビジネスのインボラアップグレードと同様に考えていて、搭乗24時間前にANAからアップグレードのお知らせが来るんだと思い込んでました(^^;;

 

私のドジにより、旦那さんと離れ離れになってしまい意気消沈(~_~;)

ところが、当日奇跡的に窓側2人席が空いていたらしくチェックインカウンターで変えてもらえました🌟

 

実は勝手にアップグレードされてる!

オンラインで座席指定しなくても、当日チェックインカウンターでアップグレードされますか?って聞かれるんですが、空きがなくなればダメですし、できれば指定したいところ。

 

搭乗24時間前になったら、ANAウェブサイトから予約状況確認画面で座席指定できるようになります🎵

(10分くらい経たないと座席指定できない場合もあります)

 

特に座席にプレエコとか書いてないんですが、エコノミーよりもわずかに席がゆったりめのところがエコノミーの前方にあるので、こちらを選択しましょう🌟

 

 

SFC修行の恩恵はラウンジ利用が一番ですが、国際線プレエコアップグレードはエコノミー発券時に発揮できる最大の魅力ですね🎵

【JALビジネス】日本ーホーチミン(アラスカ特典航空券片道)2017年7月②市内観光

f:id:akimeimilk:20170811051900j:plain

①の羽田ーホーチミンのJALビジネスクラス往復に続き、市内観光編②です🌟

 

ホーチミンのガイドブックは6:00〜24:30まで空いている羽田国際空港内(出国審査後)の本屋でゲットしました🎵

BOOKS & DRUGS SOUTH | 羽田空港国際線旅客ターミナル

 

オススメはまっぷるベトナム

私たちはしていきませんでしたが、是非「まっぷるリンク」アプリを入れてスマホで地図を見れるようにしておいた方がベストです!

ガイドブックはある意味怖くて開けませんಠ_ಠ

 

海外旅行ではプリペイドSimとモバイルWifiを使用する私たちなのですが、滞在18時間だし、日本&アジア数カ国で使える優秀Simもベトナムは入っていなかったので、基本的にはこのガイドブックのみで乗り切りました🎵

 

3. タンソンニャット国際空港(SGN)から市内へ

早朝に着きましたが、両替所はすでにオープンしているので、こちらでまずは2人分の資金として1万円を約190万ベトナムドン(VND)に両替しました。クレジットカード(主にVISA、サブでAmex)も使えるので、これでも18時間の滞在では余ってしまったぐらいです。

 

荷物を預ける(6am頃オープン)

必要最低限の荷物以外を預けようと思っていたら、預り所が6am頃に職員が来てオープンとなったため、しばし待ちました。

空港出口から出て右側へ進んで行き、確かBurger Kingの奥に荷物室があったと思います。

 

コインロッカーではなく、普通に棚に置いて行く形式。値段が荷物の個数に応じてかかるので、できるだけひとまとめにしておいた方がいいです。

割と小ぶりの荷物入れにぎゅうぎゅう押し込んでいたせいか、見かねた職員に1個の値段なのに+1個おまけしてくれましたw

(1個あたり。現金

10時間未満:27,500VND/時間(約140円/時間)、10時間以上:275,000VND(約1,400円)

 

ガイドブックに載っていた公共バス(緑or黄色)で市内へ

空港出口を出て道路を渡った先の右側奥に緑色or黄色の公共バスがあるので、そこから市内へ向かいます。

(たくさん荷物がある場合やホテルに直行する場合は、ぼったくらない緑のMai Linhか白のVinasunタクシーがオススメです)

 

黄色バスの方は受付嬢がいますが少し割高なのと無愛想だったので、緑バスの運転手さんにCityに行くか確認して乗り込みました。

*予め、この場所(通り)に行きたい!と地図を見せて伝えておくといいです。近くなったら降ろしてくれます。

 

ちなみに、バンで市内まで乗せるよ!という日本語上手な若者が客引きしてきましたが、「We prefer public bus.」と言い続けていたら諦めてくれました。社名も書いてないバンでちょっと信用できなかったし。

 

緑バスの値段はなんと1人5,000VND。日本円で約25円です。安い‼️

ちゃんと領収書がもらえます。

f:id:akimeimilk:20170811064040j:plain

 

空港から市内までは25分くらい。

途中バスの運転手さんと助手?のおじいちゃんが朝ごはんを露天でゲットするため一時停車w

自由〜。まぁこの値段ならいいか、という気持ちに。

 

4. 市内観光

バスから降りたら、アメリカと同様に通りの名前を確認して現在地を把握します。

(日本は通りの名前を確認しづらいので、日本もこの制度を普及させたらいいのにな)

 

7月ということもあり、湿度も温度も半端ない! 日中は日陰でも汗がタラタラです。

この時の服装は半袖ワンピースで風通しもいいはずなのに、です。

 

街中はスクーターなどバイクがたくさん!

車も多くて結構マスクを着用してる人が多いです。

 

そういえば、空気が霞んでいるような。。。

上海などには及ばずともかなり空気が悪そうです。夏場でなければ、是非とも市内はマスク着用で挑みましょう。

 

向こうのバイクは日本の自転車並みに歩道を走ったり、日本などと違って歩行者優先ではないので、気をつけて避けて歩きます。

  

怪しいスクーターおじさん1(ドンコイ通り)

有名な観光通りのドンコイ通りをガイドブック片手にぶらりとしていたら、早朝なのに怪しいおじさんに捕まりかけました💦

 

かなりうまい日本語で話しかけてきます。日本語で話しかけてくる外国人には80%の確率で下心がありますので、要注意です。徐々に歩き出す私たち。

 

始めはスクーターにまたがって並走して他愛もない会話をしてきましたが、「いいところに案内する」とスクーターを止めて向かってこようとしていたので、夫婦揃って全力の早歩きで逃げ出しました。

先回りしてまた向かってこようとするので、通りを渡って無視し続けたら追いかけてきませんでした。

 

旦那さん曰く、中国よりよっぽどタチがいい、とのことw

インドもすごいとは噂で聞いていたけど、中国も結構しつこく付いてくるんだそう。私はベトナムですでにこの状態にうんざりでしたが。。。

  

怪しいおじさん2(市場の外)

さて、どこ行く?とガイドブックをチラチラ見ながら市場の外にいたら、またまた別の怪しいスクーターおじさんが日本語で話しかけてきました。

 

我々も無知ではありません。

「?」

日本語ワカラナイ、という体でアメリカからやってきたことを伝えましたw

 

が、最終的には向こうはわかっているようでした。やるな、おじさん。

でもそれ以上は突っ込んでこなかったので、そそくさとスタバに逃げ込みました。

 

スタバ

朝だというのにすでに大量の汗。スタバはクーラーが効いていてFree Wifiも使えて空いているので便利。

なにせ価格が通常なので、ベトナムからしたら高級店です。

 

Wifiとガイドブックを使って調べて、目星をつけていた場所に行く順番を練って、ガイドブックを外で広げないよう地図を写メで撮って準備万端にしておきました。

 

観光スポット

人民委員庁舎

早朝に着いてまだ店もやっていないので、まずは人民委員庁舎を眺めに広場へ。

ガイドブックにはパリのような眺めとありますが、東南アジア感が半端ない。

え?パリ?どこが?というのは否めません。

 

市場

朝からやっていそうな市場に向かいました。

まだ開店準備中のようで、売りつけてこないのでチラチラと見ながら散策できました。お土産物、食べ物、飲み物、花など色々あります。

 

中にはご飯屋さんもあって、お腹は減ってないけどせっかくだし何か食べる?と話していたら、おばちゃんが4個セットで安くするよ!とメニューを渡してきました。メニューを見てこんなにがっつりは食べられないから「We are not hungry.」と言うと、おばちゃんがマジで怒り出す。冷やかしはやめてよ!と言ってる感じでした。

 

歴史博物館

f:id:akimeimilk:20170812034038j:plain

かなり見ごたえのある1〜3、4階ぐらいまである建物で、外にはアメリカの空軍機などもありました。

 

実はベトナム戦争をよく知らなかった私。

資料写真や旦那さんからの説明、また日本語の説明も一部あってようやく理解できました。

 

ベトナムが親日と言われる所以もベトナム戦争の一端であったことがわかりましたが、とにかく長い長い戦争と虐殺。

アメリカ人もたくさん見学していて、どういう気持ちで見ていたのかな、と考えさせられました。

 

matome.naver.jp

 

食べ物

Temple Clubでベトナム料理ランチ

f:id:akimeimilk:20170812035107j:plain

お昼をちょっといいところにして、夜は屋台のフォーとラウンジで済まそうということで、ガイドブックに載っていた小洒落たお店に行って来ました🎵

入り口がちょっと狭いのでわかりにくかったです。

 

飲み水に注意と書いてあったので、私はホットウーロン茶、旦那さんはビール。

 

ガイドブックに載っている蒸しエビカクテル、魚のタマリンドソースに加えて、空芯菜の炒め物をオーダー。

蒸しエビはまぁまぁでしたが、他二つは美味しかったです💕

f:id:akimeimilk:20170812035207j:plain

 

シメはデザート♡

ホームメイドケーキと蓮の実のチェー。

 

ホームメイドケーキはポテト版スイートポテトケーキで、素朴な甘さ。

チェーはベトナムぜんざいなので是非食べようと思って頼みましたが。。。

栗っぽい蓮の実がうすい砂糖水に浸かっているものが出てきました。まぁまぁなお味ですが、美味しい〜って感じではないですね。 

 

アメリカでデザートまで頼むと結構値段いっちゃいますが、こちらはベトナムではちょっとお高めでも2人で60万VND(3000円)ぐらいでした。

 

Cafe RUNAMでベトナムコーヒー

こだわりのベトナムコーヒーが飲めるというお店。

ベトナムコーヒーは自分でお湯を注いで飲む方式です。

プチクッキーが添えてあって、お値段は1杯8万VND(400円)ぐらい。

味は、、、普通?

 

Tiem An Cat Tuongでフォー。。。

夜はフォーをと思ってガイドブックに載ってるお店に行ったんですが、正直期待はずれでした。。。

ガラガラの店内とトイレにGもいて、味もあまり美味しくない。残念。

 

せっかくならナイトバーに行けばよかったなぁ〜。

普段じゃ高くて行けないけど、物価の安いとこなら挑戦しやすいので、次回東南アジアに行ったら挑戦したいです🎵

 

初スパに挑戦!

スパって実は行ったことない私たち。女子力低い私。

だって高そうだし初めてって緊張するし。

 

今回は時間が余ってて、旦那さんがヘッドスパしたいって言うんで、ガイドブックに載ってるお店に予約なしで2人で行ってみました!

 

Glow

リーズナブルな値段で受けられるヘッドスパ。オイルマッサージなどもあります🎵

ドンコイ通り近くの通りをちょっと入った静かなところ。こじんまりとしたお店でフレンドリーな店員さん。

 

私はオイルマッサージをしてもらいました。事前に問診票みたいなものにマッサージを重点的に受けたいところをチェックします。

ただ、太ももやふくらはぎあたりはチェックしない方がいいかも。何度も同じラインをぐりぐりされて、痛かったです。。。

 

施術前後に冷温それぞれのお茶が出てくるので、是非水分補給しましょう。冷たいお茶も飲んで大丈夫です🌟

 

値段は60分で1人60万VND(3000円)程度で安い!

2人の感想としては、「なかなかよかった」でした💕

 

Sen Spa Don Du

1軒目が気持ちよかったので、買い物をはさんでまた2軒目に行きました。

こちらは空港にも店舗があるようですが、ドンコイ通り近くにあるお店です。

 

ビル1棟分あって大手な感じですが、受付がちょっと機械的。

1軒目より値段が少し上がりましたが、20分間のシャワー、ジャグジー、サウナタイムがあったので、汗だくの私たちにはとてもうれしい限りでした🎵

 

このシャワータイムを含めて60分コースで2人ともオイルボディマッサージ。

いずれもスウェーデン式です。タイ古式はバッキバキと聞いたのでやめておきました(^_^;)

 

値段は60分で1人85万VND(4300円)程度でまぁまぁ安い!

2人の感想としては、「かなりよかった」でした💕

 

アメリカー日本ーホーチミンとずっと機内泊のみだったので、マッサージうけながら寝ちゃいました。

 

定期的にスパ行った方が妊活にいいんじゃない??って話になりましたが、アメリカだととても高そうで自分でやるしかないですかね。。。いや、無理か。

 

市内からタクシーで空港へ

移動に疲れたので、フォーを食べて早々に空港へ。

行きのバスに乗ろうと思いましたが、バス通りに行くのもバイクや車や人が多くて面倒になり、初タクシー!

 

「タンソンニャットAirport」

と伝えましたが、伝わりません。

 

現地ではSan Bay Quoc Te Tan Son Nhat(国際線空港)というのだそう。

ちなみにSan Bay Trong Nuoc Tan Son Nhatは国内線ですのでご注意を。

 

地図で見せようにも夜なので見えづらいし(^_^;)

ドライバーのお兄ちゃんは私たちが身軽なので、本当に国際空港でいいんだな??って感じで何度も聞いてきましたw

 

しかし、ドライバーの運転テクがすごい。

両脇にバイクや車がスレスレ。縫うように走るし、もうヒヤヒヤものでした💦

日本よりアメリカの方がやや運転荒いなと思ってましたが、そんなの比較にならないレベルです。

 

かかった値段は150万VND(750円)ちょっとでした。

タクシーのメーターってわかりづらくて、支払い時にぷちパニックになっちゃいましたw なぜかクレジットカード支払いはできなくて、現金払いでした。

 

後から考えると、信用できるタクシー会社2社を駆使して移動したら楽チンだったと思います。なにせ初乗り60円ですからね!

 

ぼったくりタクシーとか海外で聞いたこともあり、タクシーには極力乗らない私たち。もっと活用しておくべきだったなぁ。

 

 

旦那さんは物価の安いベトナムが気に入ったようです🎵

私も怪しいおじさんさえいなければ、いいとこだと思います🌟

【JALビジネス】日本ーホーチミン(アラスカ特典航空券片道)2017年7月①往復フライト

f:id:akimeimilk:20170811052213j:plain

2017年7月に日本に一時帰国するついでに、アラスカ特典航空券の片道発券でJALビジネスクラスのホーチミン往復してきた、めいみるくです。

 

アラスカ特典航空券のお得なJALビジネスクラス片道発券方法はこちら

akimiler.hatenablog.com

 

現地滞在時間が18時間ほどでしたが、十分満喫できました!

というか、ホーチミンは観光スポットが少ないのでむしろこの時間で十分だったかと思います🌟

  

ホーチミン観光旅程

  1. 搭乗開始まで:羽田国際空港のJALサクララウンジ
  2. 1:25am HND(羽田) ー 5:15am SGN(ホーチミン)
  3. 6:15am:空港で両替、荷物を預けて、市内へ公共バスで移動
  4. 6:45amー7:30pm:市内観光(見学&買物&スパ)、タクシーで空港へ移動
  5. 搭乗開始まで:タンソンニャット国際空港のAPRICOTラウンジ*
  6. 11:25pm SGN ー 翌6:55am HND

 

*後々調べてみたら、2017年6月22日からビジネスクラス以上はROSEラウンジも使えるようです。今回はAPRICOTラウンジしか行ってませんでした。残念。

タン・ソン・ニャット国際空港〔ホーチミンシティ〕 ラウンジ(ラウンジサービス) - JAL国際線

 

今回①では、ラウンジとビジネスクラス機内についてです🎵

 

0. 羽田国際空港(HND)の印象

羽田国際空港からの出発は初めてでしたが、検査場の優先レーンはファーストクラス+ステータス保有者に限られていて、かつANAやJALなど全てごっちゃになっているのに左右各1レーンのみ。ビジネスクラスでは優先レーンなし。

 

帰路(渡米)の際に初ANAファーストクラスだったのに、この1レーンに押し込まれました。。。成田空港だったらANAだと初Zカウンターだったのになぁ。残念(T ^ T)

成田だとANAビジネスクラスやSFCなどステイタスだとプレミアムカウンターから入れるので楽チンですし、きっとJALもそうなので、成田空港の方が断然オススメです🌟

 

1. 羽田国際空港の初JALサクララウンジ

ANAに比べると料理の種類が多い印象を受けました。1階が料理+食べるスペースで、2階は展望が良く、くつろげる空間になっています。

 

2と6. 初JALビジネスクラス往復

深夜便だったので、食事が出たのは往路復路共に目的地へ着く前の朝食のみです。

和食か洋食が選べたので、和食にしました。量が少し控えめな和食御膳という感じです。

f:id:akimeimilk:20170811062506j:plain

 すみません、ピンボケしてますね(^◇^;)

日本から出発便には納豆も付いてます。男の方にはちょっと物足らないかもしれませんので、麺類を追加で頼んでおくと良さそうです。

 

復路の朝食

f:id:akimeimilk:20170811060524j:plain

往路と違って納豆はありませんが、美味しくいただきました。

 

復路も左側のシートだったので、朝日を浴びる富士山が遠目ですが綺麗に見えました🎵

f:id:akimeimilk:20170811130121j:plain

 

ANAと違う点

  • 接客がより丁寧
  • 朝食メニューがちょっと上品?
  • お好きな時に、のメニューが麺類のみ
  • アメニティがイマイチ
  • 搭乗の際に和食か洋食の希望を所定の用紙に書けるシステム
  • 機材の質が良い💕
  • ショコラが食べられる(らしい。at バーカウンター)

 

ANAのビジネスは長距離しか乗っていないのですが、お好きな時にのメニューはカレーやサラダなど種類が豊富なのに対し、麺類のみでした。

 

これまた後々知ったのですが、JALではビジネスクラスのバーカウンターに行くと路線ごとに異なるショコラが食べられるようです。調査不足! 残念。

お食事(ビジネスクラス) - JAL国際線

 

機材がどれも質が良かったです。

f:id:akimeimilk:20170811062022j:plain

 

ANAとは違い、リクライニングも部分的に調節(連動式ではなく)できるので、自分好みの角度にできるのがよかったです。

f:id:akimeimilk:20170811062138j:plain

 

窓の仕切りの開閉も電動だし、ヘッドフォンもANAのファーストクラスで使用しているようなものを使っていました。

また、ANAよりもスリッパが厚みがあって良かったです。

f:id:akimeimilk:20170813081049j:plain

 

ただ、ちょっと残念だったのは、

  • フルフラットっぽいのになぜか少し傾斜していること
  • ANAのような寝る時用のマットレスがないこと

でした。

 

アメニティは下の写真で、ANAビジネスクラスに比べるとブランドのリップクリームやハンドクリームがなかったので、ちょっとイマイチでした。  

f:id:akimeimilk:20170811124546j:plain

 

せっかくなので、市内で使うマスクを機内でゲットしておきましょうd(^_^o)

夏場は暑くて着けていられませんけど(^_^;)

 

5. タンソンニャット国際空港 APRICOTラウンジ

f:id:akimeimilk:20170813080622j:plain

ターコイズブルーを基調としたややこじんまりとしたラウンジでした。

 

フォーもありました。味は市内で食べたものと同じぐらいで、まぁまぁでした。

f:id:akimeimilk:20170813080908j:plain

 

シャワー室も必要最低限あるだけですが、使えます。

羽田国際空港のJAL到着ラウンジは消滅してしまったとのことだったので、こちらでシャワーを浴びるのも手です。

 

 

市内観光②へ続きます!

日本ーヨーロッパ往復が当たる! カタール航空キャンペーン(2017年9/30まで)

f:id:akimeimilk:20170716021912p:plain

こんにちは、お得チケット模索人のめいみるくです。

FacebookでTabippo.netを登録している方などは既にご存知だと思いますが、カタール航空からキャンペーンのお知らせです🎵

 

日本ーヨーロッパ往復の応募

ワンワールドのカタール航空が2017年7月からドーハー羽田にA380(成田はB777)を毎日運行!

 

カタール航空のA380は最新の空調や照明システムを導入していて、むくみや時差ボケを減らしてくれるんだとか。

 

詳しくはこちらの記事を参照してください。

tabippo.net

 

2階建のA380、乗ってみたいです!

もちろんフルフラットのビジネス、ファーストクラスや機内ラウンジも充実。

カタール航空 A380機

 

応募はこちら

カタール航空で行く!ヨーロッパ往復航空券が当たるキャンペーン

 

日本在住が応募条件ですが、ダメ元で応募してみました🌟

当選してたら10/20までに連絡が来るようです。

 

特典ビジネスもいいですが、やっぱりタダは嬉しいですよね〜。

ただし、諸税はかかるので1人1万円程度は最低かかりそうです。

ご注意! ローマのボッタクリ!

f:id:akimeimilk:20170715231417j:plain

こんにちは、ボッタクリに遭遇しためいみるくです。

 

「地球征服するなんて」のナスDが有名って言うんで、Pandra TVで見ていたら、ボラ族と言う観光部族によるボッタクリ踊りに民芸品の押し売りが出て来ました。

 

それを見て、数年前に行ったローマのボッタクリ(詐欺)を思い出し。。。

今思い出しても腹たつーっ(-᷅皿-᷄๑)!

 

 

ローマの観光客相手のボッタクリ術

ネットや観光本に結構書いてあるので、ある程度注意してたんですが、やられました。。。

 

私が見かけた&やられたボッタクリ

  • 騎士の格好の男たちと写真を撮る→€100ぐらい
  • ミサンガを巻かれる→€20(€40を値切った)

 

実際に遭ったボッタクリは、ミサンガ

年末年始にミラノ〜ピサ〜ローマ、バチカンと鉄道で移動したんですが、かなり寒かったんです。

 

寒すぎて、帽子でも買いたいなと思ってコロッセオを見た後に地面に商品を置いている露天商の商品を見ちゃってたんです。

 

たぶん奴らからしたら、格好のカモなんですね。

大人しそうな日本人が物欲しげに見てるな、と。

 

ボッタクリ工程

  1. 1人の男が日本語で気さくに話しかけてくる(こちらの様子を探っている)
  2. 「面白いもの見せるよ〜」と言いつつ、紐を旦那さん(←ここがミソ)の腕に巻く
  3. 歌を歌いながら紐をアミアミ
  4. 紐を縛ってハサミで切る
  5. 金を要求(€40)

 

その後の私たちの対応

  • No cash!
  • Call police!

 

現金がないなら諦めるだろうと「No cash」と言いましたが、諦めないこの男。

揉め事を避けたい旦那さんがお財布出しちゃう。待って!

仕方なく私が€10札だけ出そうとしたら、€20しかない。

それを渡したらさらに要求して来た男。ミサンガにそんなん出せるか!

怒った私が「Call police!」と言ったら諦めた。チャンチャン。

 

見かけた写真ボッタクリ

白人のカップルが騎士の格好をした男たちと写真を撮ってて、

「あーあれガイドブックに載ってたボッタクリだ〜」

と思って観察してたら、案の定お金を要求されてました。

 

そのカップルはたぶん€100札を出してたと思います。

高すぎだけど、写真もらえるなら思い出としていいか、ミサンガよりはw。

 

予防策と対処法

  • 人が多いところは、なるべく早足でさっさと移動する。ウィンドウショッピング、ダメ。
  • 日本語で話しかけてくるやつに(基本)ロクなやつはいないので警戒する。できたら無視。
  • 諦めずに途中でも抜け出して逃げる。
  • 何か言って来たら、「Police!」もしくは「Polizia(ポリーツィア!)」と叫ぶ。
  • パスポートは出さない。(日本のパスポートは高値で取引

 

彼らは警察が嫌いですからね、Policeと言えば諦めます

偽警察もいるようですし、パスポートは出さない。遭遇したことないけど、連行されてからパスポート見せるようにしますよ、私。

 

以前マドリッドの王宮付近で署名運動してたのでうっかり署名したら、パスポート提示を要求されました。

私のヤバイなスイッチが入り、ひたすら無視して逃走。

 

いざとなると頼りになる私(自画自賛)ですが、実はローマとマドリッドでの出来事って私がきっかけだったりします(⌒-⌒; )

スリには気をつけてるんですが、ついうっかりキョロキョロして見てしまうので、怪しい奴らに引っかかるんです。

旦那さんは基本的に人に関わらないよう無視、早歩き。(でも捕まっちゃうと弱い)

 

巻かれたミサンガを見るたびに、ムカムカと怒りが。日本に帰って速攻捨てました。

何カ国か旅行しましたが、後にも先にもこれだけ。だから尚更腹立たしい!

ローマはたぶん一生行かないでしょう。。。

 

皆さんは大丈夫だと思いますが、もし遭遇してしまったらこの方法で逃げてくださいね!